対策をとる

眼瞼下垂と言う言葉を聞いたことがない方も多いのではないでしょうか。
しかし、眼瞼下垂は自分にも起こりうる病気の為、しっかりと対策を取ることが大事です。
また、症状が現れたらすぐに病院へ足を運ぶと良いでしょう。

様々な症状があり、個々によって症状が異なってきます。
まぶたが重く下がる、痙攣が起きる、肩こりや頭痛がある、眼の奥が痛むなどあります。
どれも疲労や年齢のせいだとは限りません。こういった症状が酷い場合にはしっかりと医師に見てもらうことで、改善出来る可能性が高くなります。
眼瞼下垂は予防をすることが重要です。

近年の女性はコンタクトレンズを装着している方が多いですが、コンタクトを長期間装着することで起こる可能性もあります。
1日限りのコンタクトを長期間使用している方もおり、誤った使用方法だと目を痛めてしまいます。使用方法を守り時々目を休ませることが重要と言えるでしょう。
また、メイクを落とす時にまぶたを強く擦っている方がいますが、まぶたを擦ることで眼瞼下垂になることもあります。
マスカラやアイメイクなどは水でも落ちるものを使用して、目を擦らないでメイクを落とすことが重要です。
近年の日本人は働く時間が長い為に、長時間パソコンを使用している方が増えています。
パソコンを長時間使用することで瞬きをあまりしなくなり、目の筋肉を鍛えることが出来ません。そうすると、だんだん目元が衰えてきてたるみを引き起こし、眼瞼下垂になることがあります。
長時間パソコンを使用する方が休息を取ることが大事です。また、携帯電話も一緒です。携帯電話も画面を見つめることで瞬きの回数が減ります。
多少、生活習慣を変えることが大事と言えるでしょう。
眼瞼下垂は再発をする恐れもある為、メイクの落とし方パソコンやコンタクトの長時間の使用は控えた方が良いでしょう。

ツボ押しやマッサージで眼瞼下垂の予防をすることも出来ます。
顔の筋肉は普段使用をすることがない為、鍛えることがありませんが、そのままだと眼瞼下垂以外にも顔全体のたるみが気になり始めます。
ツボ押しやマッサージは表情筋を鍛えることが出来る為、眼瞼下垂の予防にもなり顔全体にハリを生み出すことも出来ます。
力加減を調節することで血行を促進させることができ、目の疲労を解消することも出来るでしょう。