気になる瞼のたるみ

眼瞼下垂は先天性や後天性などで症状が異なってきます。
先天性の場合は生まれた時から眼瞼挙筋が弱く上手く働かないことが原因です。昨日をしていないとまぶたが開かないことがあります。まったくまぶたが開かないことにより、気づくことが多々あります。
先天性は原因が分からないですが、家族の誰かがなっていると発症してしまうことがある。と言われています。
先天性の場合でも治療をすることが出来ますが、まぶたの働きによって治療方法が異なってくる為、しっかりと医師の診察を受ける必要があります。
眼瞼下垂の方がまぶたを思い切り見開くとまぶたを閉じることが出来なくなり、角膜が傷つくこともあります。
無理にまぶたを開こうとするのは辞めた方が良いでしょう。

後天性の場合は神経原性眼瞼下垂や筋原性眼瞼下垂、外傷性眼瞼下垂など様々なことが原因で発症をしてしまいます。
神経原性眼瞼下垂はまぶたを引き上げてくれる神経が、機能しなくなる病気です。筋原性眼瞼下垂は筋肉が動かなくなる病気です。
そして、外傷性は白内障などの手術をして起こることがあります。
様々なことが原因で発症をしてしまいますが、こちらも眼瞼挙筋がどのくらい機能をするかによって治療が異なってきます。

偽眼瞼下垂もあります。
まぶたが重くなり開きにくくなるといった症状があります。
偽でも肩こりなどの問題を起こすことがある為、放置をすることは辞めすぐに病院へ行った方が良いでしょう。
医師は自分に合った方法で治療をしてくれます。偽だと美容外科で手術を受けることが出来ます。
眉毛のリフトや目のたるみなどを取るメニューを利用することで、まぶたのたるみを解消することが出来るでしょう。