治療をしよう

まぶたがたるんでしまうと、眠たいように見られてしまいます。しっかりと目を開くことが出来ずに重たく見えてしまいます。
様々なことが原因で眼瞼下垂になってしまいます。まずは、原因を把握することが大事でしょう。
しかし、自分では判断をすることが出来ない為、医師に診察をしてもらうことで、早急に対処をしてもらうことが可能です。
20代や30代の若い年齢は生活習慣が主な原因となります。コンタクトやパソコンなどを使用していると、目に大きな負担がかかってしまいます。
また、自然に目を擦ってしまうことがあります。瞼板は腱膜とつながっている為に、目を擦ることでつながらなくなってしまいます。そうすると、筋肉がうまく収縮しなくなります。
若い方はこういったことが原因で眼瞼下垂になってしまいます。
歳をとってからなった眼瞼下垂は目の筋力の衰えや皮膚のたるみが原因です。若い時にコンタクトやパソコンを長期間しようしていると、より眼瞼下垂になりやすくなってしまいます。
また、白内障や緑内障の手術をした後になる場合があるので、注意が必要になります。

眼瞼下垂になると、肩こりや頭痛を起こしてします可能性がある為、早急に治療をした方が良いでしょう。
まぶたが重くなると、目の筋肉だけで目を開くことが出来なくなってしまいます。眉毛辺りの筋肉を使用することでおでこに力が入り頭痛などが起きやすくなります。
また、シワを作ってしまい更に老け顔の原因となってしまうことがあります。

頬に手を当てている女性
気になる瞼のたるみ

先天性、後天性、偽眼瞼下垂があります。様々な理由で眼瞼下垂は起きます。医院へ行くことで原因を知ることが出来る為、目のたるみが気になりだしたら、医師の診察を受けると良いでしょう。

様々な治療方法

眼瞼下垂は治療することが出来ます。治療時間は20分~30分程度です。治療をすると目が腫れる場合がありますが、数週間もすれば腫れはひきます。切開をしないで治療をする方法もあります。

対策をとる

眼瞼下垂になる場合は予兆を感じることがあります。痙攣やまぶたの重さを感じるなど様々あります。予兆を感じたら悪化をしないように自分で対策をとることが出来るでしょう。対策をすることで悪化を防ぐことが出来ます。